アクセスカウンタ

がちゃぴんのブログ

プロフィール

ブログ名
がちゃぴんのブログ
ブログ紹介
都内私立大学に通っています。
音楽サークルに所属していまして、日々音楽と格闘してます。。。
あと、、カフェでバイトしてまして、そろそろ1年半ほど経ちますね。
自己啓発しながら学生生活を満喫しております☆
なんだかんだありますが幸せです(●´∀`●)ノシ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本語はどこからきたか
日本語はどこからきたか 学籍番号1810070476 氏名 石川 裕加里 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/14 03:26
情報アーキテクチャ、アクセシビリティ調査
1/8の課題 (1)情報アーキテクチャの調査         D非常に良くできている     C良くできている     B存在する     A存在するが、ないほうがまし     @存在しない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 13:56
1/8の講義要約と感想
1/8の講義要約 今回はコミュニケーションの話であった。ツールとしては最近ではほぼプライベートに限られている電話、ファックスの需要は確実に落ちている。公私ともに使いやすいWEBを使う人たちが圧倒的である。またコミュニケーションのかたちについての話もした。日ごろ私たちが利用しやすい環境を整えるための目安としては、フィーリング、ユーティリティ、ユーザビリティ、アクセシビリティ、情報アーキテクチャのいう項目がある。これを基準に測定調査を実施し、よりよい環境をつくりあげてゆく。 情報アーキテクチャに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 11:48
日本語の起源 分担表
1.日本語はどのように作られたかを知りたい <図書> ・村山 七郎 著 日本語―タミル語起源説批判 東京 三一書房 1982年6月30日(初版) 192ページ 担当:松尾亮佑 (1810080202) ・野晋 森浩一 江上並波夫 吉田敦彦 佐々木高明 新・日本語考―ルールと周辺 大野晋 日本語のルーツをタミルに見る 東京 朝日新聞社 1981年12月10日 222ページ 担当:松尾亮佑 (1810080202) ・安本 美典 著 日本語はどの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 14:50
ネットワークを使った研究協力
・パテントマップ(野崎氏個人サイト)・・・石川 http://www.e-patentmap.net/segments/statistics/ 概要 業種別統計データ、官公庁等統計データ、特許・知的財産関連統計データを扱ってい る個人サイトである。その種類は全体で約50種類を超えている。ネット上で様々に 散りばめられている統計資料などをここに総括している非常に便利なサイトであ る。産業一般から、水産・農林・畜産、工業、建築、食品等の業種からページを開 けば、それに関連のある統計・発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 13:01
課題 日本語の起源
・<日本語のルーツをタミルに見る> 担当:松尾 <要約> 大野氏は、日本語の起源はタミル語にあるだろうと指摘する。なぜなら、日本語との音節に類似した点があること、似たような発音で同じ意味を持つ単語が500あること、母音・子音が対応しているということ、日本語という言語が持つ、繊細さや、感性が似通っているということが理由に挙げられるからである。また大野氏は、言語学のほかに、民族学や文化人類学や神話学といったものに学術的な証拠を求めようとしている。また、父や母を表す言葉や、地形・土地に関する言葉、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/22 17:24
− タイトルなし −
11/27の講義要約 今回、先週余裕があれば取り組むように出されていた時系列データについての関係式を見つけるという課題を、本格的に取り組むことになった。まずエクセルを使ってデータをグラフ化してみるが、それだけではこのデータの関係は実にまばらすぎて、データに一貫性が見られないためによくわからない。その原因はエクセルの特徴からであった。エクセルは上限10桁目までしか正確な数値がでないため、データの数値に少しずつ誤差が出てしまうのだ。 ここで「隣り合う2つの連続した時系列データの関係」に限定してみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/21 20:59
− タイトルなし −
11/20の講義要約 今回は、ある学生団体からとったアンケート結果から学生の「人生観」と「成績」に関係があるかどうかを見つけるという課題をまた改めて取り組むという授業となっていた。一見分かりやすそうだが考えさせられる課題である。何らかの関係が見つかればそれをグラフ化し、「結論」を導き出し、レポートを完成させる。アップした課題はそのグループのメンバーが閲覧して、チェックシートに評価を書く。 余裕のある人のために新しい課題が出された。時系列データとは、経済事象、社会現状を定期的に観測した結果を集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/21 20:58
− タイトルなし −
12/18の講義要約 今回は研究を支援するネットサイトについての講義だった。国内から国外まであらゆる研究支援のサイトを紹介して頂いた。ネット上での生活情報掲示板から、環境問題、気象衛星写真、保健医療、防災、科学技術、海外の論文の紹介サイトなど、探せばどんな研究にも必要な資料が見つかるのではないかというほど種々様々な研究サイトがある。個人で頑張って運営をしているサイトでも情報を多く載せていて、参考にする人にとってはかなり有益になるだろうものが数多くあった。しかしこのようなサイトばかりがすべてでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/18 11:23
− タイトルなし −
(a)2004年理化学研究所研究員による研究論文不正発表について・・・小林さん http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu12/siryo/06032 006/004/001.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/17 00:49
− タイトルなし −
12/11の講義内容 今回は情報犯罪についての講義だった。情報社会はどんどん開かれたものになっている。しかし研究者の中には隠れて捏造したりする者も多い。研究者は必ずしもえらいという時代は終わった。私たちは積極的に研究者たちの情報を公開させ、それを知り、いつも不正が行われないように見張るべきだ。現在、情報が溢れんばかりに多く流れ、それをひとつひとつ見ていくのは難しいことだが、大学教授などの捏造などでは、本当に単純で絶対にばれるだろうと思われるような、捏造に使われた原文のままで平然と新しい成果とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/11 11:37
− タイトルなし −
11/13の講義要約 今日は来週の課題の下準備のためもあり、エクセルについての講義を聴いた。クラスの人たちも、高校や大学で習っているはずなのだが、知らない知識が結構出てきた。たとえばaverageやsumなどは知っている人も多いと思うが、vlookupという聞いたこともない構文が出てきたのだ。検索するときに使用するものだそうだ。先生は成績表を例にして、人名を検索できる構文を作って見せてくれた。IF文などの説明を聴き、実際に一緒に練習表を完成させた。並べ替えの規定もたくさんの種類があるので、きち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 12:12
− タイトルなし −
11/7の講義要約 今日はクラスの3人分のレポート発表を聞いた。全員が日本語の起源についての話題であった。特に1人目の方のレポートはグラフなどを引用し、わかりやすいレポートであった。また各レポートの、それに対する飯箸先生のコメントを聞いた。それともうひとつ新しくデータの分析法についての課題が出された。ある学生アンケートの中から学生の「人生観」と「成績」に関係があるかどうかを研究するというものだ。成績がいい人間と悪い人間に考えの違いが出てしまうのか。手順は、自分でグラフ化し、調べて導き出したもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 12:30
− タイトルなし −
10/30の講義要約 シリアルズ・クライシス(雑誌の危機)についての話題。出版しないと研究競争に勝ちのこれない学者たちが、全員挙って雑誌に自分の論文を載せることによって、雑誌の1部あたりの単価が上がってしまう。そのため図書館では、いつもどおりの部数を購入するだけで購入費が右肩上がりに伸び、逆にそのために購入する雑誌の種類は毎年減少方向にある、という事態である。電子ジャーナルの促進も結局は安くは収まらないし、複数で連携をとるコンソーシアム体制も根本の解決にはならない。それよりも研究者コミュニティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 12:30
− タイトルなし −
10/23分の講義要約 グループワークでの個人の文献要約と論評の書き方、提出の仕方に問題のある人が多かった。グループメンバーの人数分の文献要約と論評が必要だった。誰の文献を要約したかわからないものや、複数の文献要約を混合している人もいたという。また、下書きの出し方にも間違いがあったようだ。下書きを文献の要約と論評と混合している人もいた。また今回は点検表を作り、メンバーの人数分の下書きを元に点検を各自が行うことになった。細かく点検事項が書かれているので、しっかりとメンバーの要約論評を評価しなけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/29 12:43
− タイトルなし −
10/16の講義要約 レポートの書き方について学んだ。「感想」は自分の感情からくる「楽しかった」や「面白かった」というような、自分がどう感じたか、その気持ちを表すことだ。しかし「論評」とは自分の考えを述べることである。文献を読み、自分がどう思考をめぐらせているかを表すものである。今回のレポートは、「論評」をする。引用文献と参考文献は並べて書く。レポートの組み立て方の基本は覚えてしまえば、広い範囲で通用するので覚えてしまうこと。下書きというものはどんな形であれ必ず書いて提出する。人間は一度形にす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 18:13
− タイトルなし −
グループでの文献調べ テーマ 日本語はどのように作られたかを知りたい・・・笹野くん、松尾くん 10年後の席津価格を予測したい・・・小林さん、石川 自由課題(サブプライムローン問題)・・・井上くん、小林さん、石川 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 22:40
− タイトルなし −
第2講 「インターネットとは」 要約 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 18:26
− タイトルなし −
■9月25日抗議分 「社長の条件」10.11.の要約 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/05 09:13

月別リンク

がちゃぴんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる