がちゃぴんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2008/10/13 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グループでの文献調べ
テーマ 日本語はどのように作られたかを知りたい・・・笹野くん、松尾くん
10年後の席津価格を予測したい・・・小林さん、石川
自由課題(サブプライムローン問題)・・・井上くん、小林さん、石川

10月9日分の講義要約
文献の探し方について。明治大学には充実した図書館の設備がある。その検索の仕方を教えてもらった。また、完全に信頼のおけるものではないにしても、インターネットでの情報の検索の仕方、またインターネットでの書籍の検索の仕方について学んだ。 また文献の引用の仕方、書き記す必要のある情報を知った。著者名、書籍、出版社名から出版年、ページ数まで書き込む。ただ、インターネット情報資源というものはかなり曖昧であるそうだ。使用する際には、必ずダウンロードするなどしていつでも観られる状態にしておくべきということだ。そうでないとインターネット上でのあやふやな情報のかたまりのせいで、自分が得た情報が分からなくなってしまうからだ。Webページにおいても著者名、タイトル、また最新更新日付やURLを記載するようにということだ。また、グループでの文献調べの分担を決めた。これから実際に文献を引用して文章を書く。著作権を念頭に置きながら作業を進めたい。

講義感想
なぜそこまでしなければ引用してはいけないのか、正直疑問だった。しかし実際著作権を侵害することはたやすいとも感じている。参考文献を載せずにさらさらと文章を写してしまえば、分かる人が読まない限り盗用だなんて感じないと思うからだ。そういう事件が多いからこそ、ここまで緻密にやらなければいけないのだなと思った。また、インターネットの曖昧さについてはわたしも良く知っている。誰が書いたか分からないからこそ、責任もそこそこに主観たっぷりのもっともらしい文章を載せることができるからだ。しかし、インターネットのおかげで深くはないが広い知識をもつきっかけができた。だからこれからも注意してインターネットを様々に利用していきたい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − がちゃぴんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる