がちゃぴんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/8の講義要約と感想

<<   作成日時 : 2009/01/08 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1/8の講義要約
今回はコミュニケーションの話であった。ツールとしては最近ではほぼプライベートに限られている電話、ファックスの需要は確実に落ちている。公私ともに使いやすいWEBを使う人たちが圧倒的である。またコミュニケーションのかたちについての話もした。日ごろ私たちが利用しやすい環境を整えるための目安としては、フィーリング、ユーティリティ、ユーザビリティ、アクセシビリティ、情報アーキテクチャのいう項目がある。これを基準に測定調査を実施し、よりよい環境をつくりあげてゆく。
情報アーキテクチャについての話を聞いた。WEB上での情報を項目別に分け、ナビゲートするものである。少々種類がある。ストラクチャナビゲーション、運用に関わる必要な機能を扱う機能別ナビゲーション、単語が種類別に分類してある目的別ナビゲーション、直接単語を打ち込むダイレクトナビゲーション、パンくずという意味で、今まで辿ってきた道筋を出すブラットクラム型ナビゲーション、参照を示し必要なページへいけるリファレンス型ナビゲーション、情報が多い際に10項目くらいで区切り、ページ番号をつけ順々に見れるようにしてくれるステップナビゲーションの7つである。
アクセシビリティについて。W3Cが提供するWEB制作をする際の制約についてのガイドラインを紹介してもらった。リントというものを使ってチェックをする。少しでもプラスの点数であったらいい方だそうだ。その中、明治大学は87点で高得点であった。
色彩異常について。まれに赤とオレンジが同じ色に見えてしまうなどの色彩感覚の異常を訴える人が出る。
またユーザビリティについて、一番有名な「ニールセンのユーザビリティ10原則」が紹介された。
感想
明治大学のホームページのチェック結果が非常に高くて良かった。しかしホームページの中の3割ほどしか対象とされないということで、まだまだ改善の余地があるのではないかと素人ながら思ってしまった。また、WEB上のいろいろな機能について初めて学んだ。普段何気なく使っている検索項目ひとつひとつにこんなにも違いを感じたのは初めてだった。そういえばこのなかのひとつでも欠けてしまったら検索しにくくなるだろうと思った。ユーザビリティ10原則についてだが、ヘルプとマニュアルはもう少しわかりやすくしてほしいといつも思う。なかなか難しいとは思うが文字だけでなく、誘導してもらいたいと思ってしまう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/8の講義要約と感想 がちゃぴんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる